ひげ脱毛の方法について知りたい!

朝の面倒な髭剃りから解放されたい人や、濃くて青くなるひげがコンプレックスで何とかしたい人に、メンズ脱毛はぴったりです。
ここではひげを脱毛するときにいったいどんな方法があるのか紹介していきます。

ニードル脱毛について

ニードル脱毛は針脱毛とも呼ばれています。日本では今から30年以上前から行われている施術方法で歴史があります。方法はひげの1本1本に針を刺して電気を流していきます。そして毛穴の置くの組織を破壊することで脱毛していくのです。そのほかのレーザーやフラッシュ脱毛は部位ごとの値段設定ですがニードル脱毛は1本いくらまたは1分いくらといった単位で料金が設定されることが多いです。ただニードル脱毛は痛みに弱い人にはオススメできません。ひげを抜く際と同じくらいの痛みを伴います。

レーザー脱毛について

uykutd
医療用レーザーは医師の監督もとに使用できる機器です。ですからエステではなくクリニックなどの医療機関で施術を受けます。出力はかなり強く痛みが強いですが医師との相談で麻酔を使用することも出来ます。脱毛方法は単一の波長を集中的に集めたレーザーを肌に照射して脱毛していきます。レーザーを照射すると皮下の黒い毛に熱が伝わり、その毛から熱が毛母細胞も伝わります。毛母細胞に熱が伝わると毛が生えてこなくなります。痛みはエステサロンのフラッシュよりは強いですが施術自体は早く終わる可能性が高いといえます。

フラッシュ脱毛について

こちらもレーザー脱毛と同様に熱の力で毛母細胞を破壊する方法です。周波数や出力は医療用のレーザーに劣りますが、痛みはほとんど感じません。痛みに弱いと自覚をしているなら、このフラッシュ脱毛が一番オススメです。
3種類の脱毛方法はそれぞれメリットとデメリットがあるので自分にあったものを選んでください。
朝の面倒なひげ剃りから開放されたい、またはコンプレックスの濃いひげを何とかしたい人にとって、ひげ脱毛は救世主です。
しかしやっぱり気になるのはメンズ脱毛はいたいのかどうかですよね。ここでは気になる痛みについて説明していきます。

ニードル脱毛は一番痛いって本当?

一般的にニードル脱毛は一番痛いといわれています。具体的にはつねられるような痛みででビリビリと電気が流れている感覚がするという人もいます。ただ、このニードル脱毛は施術者によって痛みの度合いがかなり変わります。ですから熟練した施術者がいるなら安心して施術を受けられます。

医療用レーザなら麻酔が使用可能

医療用レーザーは医師の監督の下に行う施術なので、麻酔の使用が可能です。痛みに弱いと自覚があるのなら最初に相談するようにしましょう。もし麻酔無しで受ける場合、刺すようなヒリヒリと熱い痛みを感じます。ある人は輪ゴムでぱちんとはじかれたような痛みと言います。

光脱毛は痛みに弱い人に一番オススメ

主流の脱毛方法の中で一番痛みが少ないと言われているのが光(フラッシュ)脱毛です。人によってはまったく痛みを感じない人もいます。多くの人は温かさをほんわりと感じる程度です。

痛みの感じ方は部位によっても違う

皮下脂肪の厚さによって感じる痛みの度合いが変わります例えば太ももやおなか、お尻などは皮下脂肪が多いためにおまり痛みを感じないそうです。皮下脂肪が痛みを吸収するといわれています。しかし皮下脂肪が少ないすねやひざなどは痛みを感じやすいのです。
自分にあった脱毛方法を部位と痛みに強いかどうかをしっかり考えて選んでくださいね。またエステやクリニックでは事前に痛みに弱いことを伝えると緩和する方法で施術をしてくれますよ。

おすすめサロン

男性のヒゲ・陰部の脱毛はメンズ脱毛